©SAITAMA VARIX CLINIC All rights Reserved

下肢静脈瘤について ABOUT VARICOSE VEIN

  • 足のボコボコ
  • こむら返りで
    目覚めることがある
  • 足が重い・だるい
  • 足の細かい血管が
    気になる

このような症状は
下肢静脈瘤の可能性があります。

下肢静脈瘤とは

10人1人が下肢静脈瘤と言われる
実は身近な病気

下肢から心臓に向かう静脈には逆流を防止する逆流防止弁があります。下肢静脈瘤はこの弁がが何らかの理由で機能を損ねることにより、静脈血が逆流して、下肢に血液が溜まってしまう病気です。下肢に静脈血液がうっ滞してくると「足がつる」「足がむくむ、重だるい」「足の血管がぼこぼこしてくる」といった症状が出てくることがあります。
命に直結する病気ではありませんが、中には下肢静脈瘤が原因のうっ滞性皮膚炎、潰瘍が起きることもあります。 下肢静脈瘤は女性、美容師さんや飲食店勤務、サービス業などの立ち仕事の方がなりやすいと言われています。また、遺伝の影響も強いため、ご家族に下肢静脈瘤を患った経験のある患者さんも多いです。

下肢静脈瘤になった場合の症状

下肢静脈瘤の症状

重だるい、こむら返り、むくむ、下肢の血管がこぶ状に膨れる、湿疹、下肢潰瘍

下肢静脈瘤は自然に治ることはありません。とはいえ、進行は非常にゆっくりで悪性の病気ではありません。患者さんの下肢静脈瘤の状態や生活習慣によっては早めに治療やケアが必要なこともありますが、軽度の場合は最適な対応で症状の進行を遅らせることにもつながります。

足が重だるい・むくみ・こむら返り・ボコボコとした瘤(こぶ)

下肢の静脈血が心臓に戻れずに逆流して下肢にうっ滞してくると、上記のような症状が出てくることがあります。

  • 症例:ボコボコとした瘤

    症例:ボコボコとした瘤

  • 症例:こむら返り

    症例:こむら返り

  • 症例:むくみ

    症例:むくみ

うっ滞性皮膚炎・湿疹・潰瘍・色素沈着

静脈瘤が原因で症例のような症状が出てくることがあります。
皮膚症状が出てきたら早めに加療をしましょう。

症例

症例

  • うっ滞性皮膚炎

    静脈還流障害によって生じる皮膚炎や潰瘍です。下腿の下1/3から足背にかゆみや皮膚硬化、色素沈着を生じることがあります。

網の目・蜘蛛の巣状の細かい血管

網の目・蜘蛛の巣静脈瘤と呼ばれています。
この静脈瘤単体は足に負担をかけてくるような悪さはしないタイプの静脈瘤ですが、見た目が気になる方は硬化療法やYAGレーザーで治療します。
当院では網の目・蜘蛛の巣静脈瘤に対して(皮膚の外から当てる)レーザー治療での自費治療を行っています。

当院はレーザー治療での自費治療を
行なっています
症例:網の目・蜘蛛の巣状

症例:網の目・蜘蛛の巣状

ジェントルマックスプロ

網目状・くもの巣状の下肢静脈瘤の治療に使用いたします。
また、波長の異なる2つのレーザーで医療脱毛とスキンリジュビネーション
お肌の若返りを促進します。

ジェントルマックスプロ

このようなお悩みある方は
一度当院へお越しください

  • 足に赤や紫色の細かい血管が目立ってきて足を出すのが恥ずかしい
  • 足のむくみやだるさが気になる
  • 立ち仕事が多く、足のだるさが気になる
  • 足の血管がボコボコしている etc

治療について ABOUT TREATMENT

血管内カテーテル治療
(保険診療)

約30分~60分の切らない日帰り治療です。
入院は不要です。
翌日から日常通りの生活ができます。
※治療方法は医師の診断により決まります。診断時にご相談ください。

血管内カテーテル治療(保険診療)
  • 高周波治療・血管内レーザー(保険診療)

    高周波治療・血管内レーザー
    (保険診療)

    下肢静脈瘤の根治的な治療法

    手術では、血管内に2mm径ほどの棒状のファイバー(カテーテル)を挿入し、そこから発生する熱で血管を焼き固めます。手術中は局所麻酔を使用し、焼灼中の痛みや熱さは感じずに行うことができます。
    焼灼された血管は縮んで索状物となり、時間経過で体に吸収されて最終的には無くなりますので、血管をストリッピング(抜去)した状態と同様になります。
    血管内焼灼術とストリッピング手術の手術成績はどちらも良好ですが、術後の痛みや皮下出血等の合併症が少ない血管内焼灼術が今は主流となっています。

  • 医療用接着剤(VenaSeal)

    医療用接着剤
    (VenaSeal)

    医療用接着剤を標的血管に注入し、血管を閉塞させる治療法です。
    術後の弾性ストッキングの着用が必須ではありません。

硬化療法

硬化剤を標的血管に注射して固める治療法です。固くなった静脈は1年くらいかけて吸収され消失します。
治療後は約1か月の弾性ストッキングの着用が必要です。
外来で10~20分程度で行うことができます。

硬化療法

レーザー治療
(Gentle Max Pro)※保険適用外

皮膚の上から網の目・蜘蛛の巣静脈瘤に
レーザーを照射して治療する方法

照射されたレーザーは血管内のヘモグロビンに選択的に吸収され、数回当てるうちに赤や紫などの細かい網の目・蜘蛛の巣静脈瘤が目立たなくなります。
合併症として、冷却レーザー照射後に、色素沈着や水泡、発赤が現れることがありますが、徐々に改善していきます。治療後の着圧ソックスも必要ありません。
照射希望部位に、ペンレステープ(麻酔のテープ)を照射予約時間の1時間ほど前から貼っていただきます。照射希望が広範囲の場合は、麻酔クリームを使用する場合もございます。

レーザー治療(Gentle Max Pro)

弾性ストッキング
(医療用)

下肢静脈瘤の予防や
治療後の合併症予防において
大事になります。

医療用弾性ストッキングの着用は、下肢静脈の血行を改善し、向上させる効果があります。この医療用弾性ストッキングを正しく使用し続けることによって、足のむくみやだるさなどの症状を和らげる効果があります。
血液を心臓に戻しやすくするため、足首の圧迫圧が一番強く、上に上がっていくにしたがって徐々に圧力が弱くなっていく圧迫設計がされており、着用、効果を得るには正しく着用する必要があります。着用時には弾性ストッキングコンダクターである当クリニックスタッフがはき方のコツを説明いたします。
当クリニックで一度サイズを測定済みの方は振込で購入、郵送できます。振込先をご連絡いたしますので下記までメールあるいはお電話ください。(郵送代別途¥370~(枚数による)かかります。)
さいたま静脈瘤クリニック
TELL:048-229-5056
saitama.varix@gmail.com
初めての方は一度診察をさせていただいてからのご購入になります。

弾性ストッキング(医療用)

診察・治療の流れ FLOW

血管内カテーテル治療

  1. Step. 01

    ご予約

    お電話・WEB予約にて予約ください

  2. Step. 02

    初診検査

    問診をします。超音波で足を検査します。
    治療方針の説明をします。採血や治療内容の詳しい説明をします。ご希望がある方は当日手術日まで決められます。

  3. Step. 03

    施術

    血管内カテーテル治療の場合

    お着換えの後、点滴をとります。心電図や酸素モニターをつけます。点滴からリラックスするお薬を注入し、足に局所麻酔をします。カテーテルを問題の血管に挿入し、加療します。手術は30分~60分ほどで終わります。高周波・血管内レーザーの場合は、術後、包帯と医療用弾性ストッキングを着用。
    医療用接着剤の場合は術後の弾性ストッキングは必ずしも必要ではありません。どの治療もすぐに歩いて帰れます。

  4. Step. 04

    術後検診1回目

    翌日または2日後に超音波検査で、経過の診察を行います。

  5. Step. 05

    術後検診2回目

    1回目の術後検診後約2か月後に超音波検査で経過観察を行います。
    特に問題がなければ終診です。

硬化療法

  1. Step. 01

    ご予約

    お電話・WEB予約にて予約ください

  2. Step. 02

    初診検査

    問診をします。超音波で足を検査します。
    治療方針の説明をします。治療内容の詳しい説明をします。ご希望がある方は当日手術日まで決められます。

  3. Step. 03

    施術

    硬化療法の場合

    問題の血管に硬化剤を注射します。
    注射後、包帯と弾性ストッキングを着用します。

  4. Step. 04

    検診2回目

    1週間前後で経過の診察を行います。

レーザー治療 (ジェントルマックスプロ)

  1. Step. 01

    ご予約

    お電話・WEB予約にて予約ください

  2. Step. 02

    初診検査

    問診をします。超音波で足を検査します。
    治療方針の説明をします。治療内容の詳しい説明をします。ご希望がある方は当日手術日まで決められます。

  3. Step. 03

    施術

    レーザー治療
    (ジェントルマックスプロ)の場合

    気になる細かい血管に体の外からレーザーを当てます。輪ゴムではじかれたような痛みです。痛みを最小限にするため、治療予定時間の1時間ほど前から麻酔のテープを貼って頂きます。照射範囲によって所要時間が変わりますが、30〜60分程度で、終了後すぐにご帰宅することが可能です。

  4. Step. 04

    術後検診

    何回かの施術が必要となる場合があります。
    気になる場合は数か月後の受診をお勧めします。

このようなお悩みある方は
一度当院へお越しください

  • 足に赤や紫色の細かい血管が目立ってきて足を出すのが恥ずかしい
  • 足のむくみやだるさが気になる
  • 立ち仕事が多く、足のだるさが気になる
  • 足の血管がボコボコしている etc
月–土
9:00 〜 12:00  / 13:00 〜 17:00
休診日
水曜日、日曜日、祝日
受付時間
9:00〜
 12:00
休診 休診 休診
13:00〜
 17:00

 診療 〇 手術  (変更がある場合あり。お問い合わせください)

  • 予めのWEB・電話予約をお勧めいたします。
  • 初診の方は、保険証とお薬手帳をご持参ください。
  • 臨時休診・時間変更の場合もございます。お電話でご確認ください
  • クレジットカード支払い対応
    VISA、MasterCard

    VISA、MasterCard

当院は予約優先となっております。

ご予約いただきご来院いただくと
待ち時間も少なくご案内ができます。

  1. 1

    川口駅改札を出て右側へ進みます。

  2. 2

    駅構内を出ると目の前に大きい建物(かわぐちキャスティ)が見えますのでそちらに向かって進みます。

  3. 3

    かわぐちキャスティの前にデッキから降りる階段がありますので降ります。
    ※かわぐちキャスティ内にあるエスカレーターを降り、出てすぐを右折でも来院いただけます。

  4. 4

    かわぐちキャスティの前にデッキから降りる階段がありますので降ります。

  5. 5
  6. 6

    階段降りて数メートル歩くとこちらの建物が見えますので、2階へお越し下さい。

当院外観の様子

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3丁目8-18 凮月栄町ビル2階

川口駅から徒歩2分

駐車場案内

車でお越しの際は川口駅東口地下公共駐車場をご利用ください。駐車券を当院までお持ちいただければ駐車場チケットをお渡し致します。
※地下の駐車場となりますので、お間違えの無い様にお越しください。

駐車場

川口駅東口地下公共駐車場
〒332-0015
埼玉県川口市川口1‐1‐1
駐車場HP:https://www.city.kawaguchi.lg.jp/soshiki/01050/010/4/4958.html

  1. 1

    B1・B2駐車場からエレベーターで2階まで上がってください。

  2. 2

    建物内を出ます。

  3. 3

    建物出た後は真っ直ぐ進みます。

  4. 4

    交番の前を右に曲がります。

  5. 5

    かわぐちキャスティに向かって進みます。

  6. 6

    階段降りて数メートル歩くと建物が見えますので、2階へお越し下さい。