©SAITAMA VARIX CLINIC All rights Reserved
ニュース&ブログ ニュース&ブログ NEWS & BLOG
投稿日: 
更新日:DOCTOR BLOG

【滑液包・ベーカー嚢腫】

こんにちは。毎日寒いですね・・・

院長の橋本です。

今日は下肢静脈瘤の診療をしているときにたびたび見受けられる膝裏のぷっくりと膨れた “ベーカー嚢腫” のお話です。

ベーカー嚢腫とは

【滑液包・ベーカー嚢腫】

上の写真のような、膝の裏にぷっくりとしたふくらみがあり、「静脈瘤かもしれない!」と受診される方がいらっしゃいます。

これは静脈瘤ではなく、ベーカー嚢腫というものでした。

【滑液包・ベーカー嚢腫】

膝は体重を支えたり、曲げ伸ばしに伴い負担がかかりやすい関節です。膝の関節への衝撃を吸収し摩擦を軽減するために膝関節の周囲には「滑液包」という袋があり、内部に少量の滑液という液体を含んでいます。

膝の裏側にも小さい滑液包が複数あり、ベーカー嚢腫とは膝の裏にある滑液包になんらかの原因で液体が溜まってしまい膨らんだ嚢腫のことです。

【滑液包・ベーカー嚢腫】

このベーカー嚢腫自体は悪性ではありません。

症状としては、膝裏の腫れ、違和感、不快感などがあります。

痛みは強くなりにくいですが、腫れが大きくなると、膝を曲げる時に可動域に制限が生じます。

基本的に症状が無ければ治療の必要はありません。

まれに大きくなりすぎたベーカー嚢腫が、圧がかかったときに破裂することがあります。

その場合、ベーカー嚢腫の中にある関節液がふくらはぎの筋肉間に入り込みふくらはぎ全体の腫脹と強い痛みを生じます。

この破裂した時の症状が足の静脈に出来る血栓性静脈炎の痛みに非常に似ていますので、ご心配な場合はご相談にいらしてください。

また、ベーカー嚢腫自体に痛みや腫れが強くなり日常生活に支障をきたすようであれば、注射器で関節液を吸引するという治療がありますので、整形外科にご相談されてみてください。

今回のベーカー嚢腫についての内容を「北戸田ナノ整形外科 院長 加藤先生」にお話を伺ってまとめてみました。加藤先生、ありがとうございます!


kitatoda-clinic.com

北戸田ナノ整形外科クリニック

【滑液包・ベーカー嚢腫】

当院では関連する専門とする医療機関にも紹介できるよう連携をとっています。

                           院長 橋本千尋

       

       さいたま静脈瘤クリニック

       電話:048-229-5056
       予約フォーム:https://medical.apokul.jp/web/223/reservations/add

下肢静脈瘤に関する診療・手術・ご相談は下記よりお願い致します

月–土
9:00 〜 12:00  / 13:00 〜 17:00
休診日
水曜日、日曜日、祝日

当院は予約優先となっております。

ご予約いただきご来院いただくと
待ち時間も少なくご案内ができます。

WEB時間帯予約 お電話でのお問い合わせはこちら048-229-5056
受付時間
9:00〜
 12:00
13:00〜
 17:00

手術のない時間に午後も診察しております

月–土
9:00 〜 12:00 / 13:00 〜 17:00
休診日
水曜日、日曜日、祝日
  • 予めのWEB・電話予約をお勧めいたします。
  • 初診の方は、保険証とお薬手帳をご持参ください。
  • 臨時休診・時間変更の場合もございます。毎月の「診療予定」でご確認いただきますようお願い申し上げます。
  • クレジットカード・QRコード決済等対応

詳しくはこちらから

当院へのアクセス Access

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3丁目8-18 凮月栄町ビル2階

公共交通機関
川口駅から徒歩2分
外観
駐車場案内
車でお越しの際は川口駅東口地下公共駐車場をご利用ください。 地下の駐車場となりますので、お間違えの無い様にお越しください。
川口駅東口地下公共駐車場
〒332-0015 埼玉県川口市川口1‐1‐1
駐車場案内