©SAITAMA VARIX CLINIC All rights Reserved
ニュース&ブログ ニュース&ブログ NEWS & BLOG
投稿日: 
更新日:DOCTOR BLOG

【下肢静脈瘤を放っておくとどうなるの?】

【下肢静脈瘤を放っておくとどうなるの?】

こんにちは。さいたま静脈瘤クリニック院長の橋本です。

本日はよく聞かれる質問の一つである「下肢静脈瘤を放っておくとどうなるの?」というお話です。

まず皆様にお伝えしたいこと

下肢静脈瘤は良性疾患なので放っておいてもこの病気で命を落とすことはないという点です。

確かにコブの部分には血栓ができやすく、血栓が出来ると炎症を起こし、赤く腫れて痛くなることはありますが、脚のコブに出来た血栓が飛んで肺を詰まらせるといったことはほとんどありませんのでご安心ください。

では下肢静脈瘤を放っておくとどうなるか…(ボコボコする伏在型タイプの静脈瘤に関してです。)

人によってはQOL 生活の質が下がります。

個人差がありますので、放っておいてもあまり進行せず問題ない方もいらっしゃいます。

ただ、人によっては進行する可能性があります。

では進行するとどうなるか・・・

うっ滞性皮膚炎

「うっ滞性皮膚炎」を起こす可能性があります。

【下肢静脈瘤を放っておくとどうなるの?】

           脂肪皮膚硬化症

下肢のうっ滞が原因で湿疹、潰瘍ができたり、下腿の皮膚が茶色く固くなってしまう、脂肪皮膚硬化症という変化もあります。※

一回茶色くなると元の色に戻るのは厳しく、また静脈瘤が原因ならば、その原因である静脈瘤自体を治療しなければ、残念ながらこの脂肪皮膚硬化症は悪化するばかりです…

最後に

ということで、少し怖い話もしてしまいましたが、人それぞれなので、ご心配な方は一度診察にいらしてみてください。上記のような皮膚炎の症状に気が付かれたら早めの受診をお勧めいたします。

※静脈瘤以外が原因のうっ滞性皮膚炎、脂肪皮膚硬化症もあります。

下肢静脈瘤になりやすい職業を下の記事で紹介しています。皆様は当てはまりますか?

院長 橋本千尋

電話:048-229-5056
予約フォーム:https://medical.apokul.jp/web/223/reservations/add

下肢静脈瘤に関する診療・手術・ご相談は下記よりお願い致します

月–土
9:00 〜 12:00  / 13:00 〜 17:00
休診日
水曜日、日曜日、祝日

この記事を書いた人

院長 橋本 千尋

さいたま静脈瘤クリニック
院長 橋本 千尋

資格・所属

認定内科医
循環器内科専門医
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医

Instagram

当院は予約優先となっております。

ご予約いただきご来院いただくと
待ち時間も少なくご案内ができます。

WEB時間帯予約 お電話でのお問い合わせはこちら048-229-5056
受付時間
9:00〜
 12:00
13:00〜
 17:00

手術のない時間に午後も診察しております

月–土
9:00 〜 12:00 / 13:00 〜 17:00
休診日
水曜日、日曜日、祝日
  • 予めのWEB・電話予約をお勧めいたします。
  • 初診の方は、保険証とお薬手帳をご持参ください。
  • 臨時休診・時間変更の場合もございます。毎月の「診療予定」でご確認いただきますようお願い申し上げます。
  • クレジットカード・QRコード決済等対応

詳しくはこちらから

当院へのアクセス Access

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3丁目8-18 凮月栄町ビル2階

公共交通機関
川口駅から徒歩2分
外観
駐車場案内
車でお越しの際は川口駅東口地下公共駐車場をご利用ください。 地下の駐車場となりますので、お間違えの無い様にお越しください。
川口駅東口地下公共駐車場
〒332-0015 埼玉県川口市川口1‐1‐1
駐車場案内