©SAITAMA VARIX CLINIC All rights Reserved
ニュース&ブログ NEWS & BLOG
DOCTOR BLOG

【肺血栓塞栓症って何?】

皆様こんにちは。さいたま静脈瘤クリニック 院長の橋本です。

本日は肺血栓塞栓症という病気を簡単にご説明いたします。

肺血栓塞栓症という病名を聞いたことがありますか?

別名エコノミー症候群とも呼ばれたりします。

血栓が静脈血流にのって肺に移動し、肺動脈を閉塞することにより呼吸・循環に障害が出てくる疾患です。

原因となる血栓

原因となる血栓はほとんどが下肢及び骨盤内の深部静脈血栓です。

(下肢静脈瘤に伴う表在性の血栓とは別ですが、表在性の血栓が出来ている場合は深部静脈に血栓がないかどうかのチェックはした方が良いと思いますので医療機関の受診をお勧めいたします。)

血栓の危険因子

血栓が出来やすい危険因子は

  •  高齢・ガン・エストロゲン治療・肥満などの凝固能亢進状態
  •  手術・外傷・中心静脈カテーテルなどの血管の障害
  •  安静・長時間フライトなどの静脈うっ滞・不動

などがあげられます。

症状

主な症状は呼吸困難・胸痛で、失神、ショック、心停止を起こすこともあります。

災害時の車中泊

災害時の車中泊で肺血栓塞栓症を起こしてしまうという悲しい出来事も見受けられます。

通常、下肢静脈瘤のコブに出来た表在性の血栓が肺にまで飛んでいく心配はあまりありません。

日頃から脚のことで気になることがございましたらご相談ください。

最新の機器と下肢静脈瘤の専門家として、静脈瘤の有無や脚の血管の状態を詳しく調べて適切なアドバイスをさせていただきます。

医療用の弾性ストッキングの着用が血栓予防にも効果的です。

下肢静脈瘤に関する診療・手術・ご相談は下記よりお願い致します

月–土
9:00 〜 12:00  / 13:00 〜 17:00
休診日
水曜日、日曜日、祝日

この記事を書いた人

院長 橋本 千尋

さいたま静脈瘤クリニック
院長 橋本 千尋

資格・所属

認定内科医
循環器内科専門医
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医

Instagram
月–土
9:00 〜 12:00  / 13:00 〜 17:00
休診日
水曜日、日曜日、祝日
受付時間
9:00〜
 12:00
休診 休診 休診
13:00〜
 17:00

 診療 〇 手術  (変更がある場合あり。お問い合わせください)

  • 予めのWEB・電話予約をお勧めいたします。
  • 初診の方は、保険証とお薬手帳をご持参ください。
  • 臨時休診・時間変更の場合もございます。お電話でご確認ください
  • クレジットカード支払い対応
    VISA、MasterCard

    VISA、MasterCard

当院は予約優先となっております。

ご予約いただきご来院いただくと
待ち時間も少なくご案内ができます。

  1. 1

    川口駅改札を出て右側へ進みます。

  2. 2

    駅構内を出ると目の前に大きい建物(かわぐちキャスティ)が見えますのでそちらに向かって進みます。

  3. 3

    かわぐちキャスティの前にデッキから降りる階段がありますので降ります。
    ※かわぐちキャスティ内にあるエスカレーターを降り、出てすぐを右折でも来院いただけます。

  4. 4

    かわぐちキャスティの前にデッキから降りる階段がありますので降ります。

  5. 5
  6. 6

    階段降りて数メートル歩くとこちらの建物が見えますので、2階へお越し下さい。

当院外観の様子

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3丁目8-18 凮月栄町ビル2階

川口駅から徒歩2分

駐車場案内

車でお越しの際は川口駅東口地下公共駐車場をご利用ください。駐車券を当院までお持ちいただければ駐車場チケットをお渡し致します。
※地下の駐車場となりますので、お間違えの無い様にお越しください。

駐車場

川口駅東口地下公共駐車場
〒332-0015
埼玉県川口市川口1‐1‐1
駐車場HP:https://www.city.kawaguchi.lg.jp/soshiki/01050/010/4/4958.html

  1. 1

    B1・B2駐車場からエレベーターで2階まで上がってください。

  2. 2

    建物内を出ます。

  3. 3

    建物出た後は真っ直ぐ進みます。

  4. 4

    交番の前を右に曲がります。

  5. 5

    かわぐちキャスティに向かって進みます。

  6. 6

    階段降りて数メートル歩くと建物が見えますので、2階へお越し下さい。