©SAITAMA VARIX CLINIC All rights Reserved
ニュース&ブログ ニュース&ブログ NEWS & BLOG
投稿日: 
更新日:DOCTOR BLOG

【下肢静脈瘤が原因の皮膚炎 湿疹・潰瘍】

皆様こんにちは。

さいたま静脈瘤クリニック 院長 橋本です。

本日は下肢静脈瘤が原因で起きてくる皮膚炎についてお話します。

 下肢静脈瘤でなぜ皮膚症状がおきるの?

下肢静脈瘤があると、静脈血液が心臓に戻れずに下肢に停滞します。

静脈血液は二酸化炭素と老廃物を多く含んでいる血液です。

通常、血液検査をするときには、静脈血液を採りますので、「血液って結構黒いのね」と感じられたことがあるのではないでしょうか?

これは静脈血液は動脈血液とは違い二酸化炭素を含んだヘモグロビンが流れているので黒っぽい色をしているのです。逆に動脈血液は酸素を多く含んだヘモグロビンが流れているので鮮明な赤色です。

この静脈血液が二酸化炭素と老廃物を多く含んでいるという点が、下肢静脈瘤からくる皮膚炎の原因になってきます。

下肢静脈瘤で静脈血液が停滞してくると、下肢の皮膚・組織にも老廃物・二酸化炭素が停滞してきます。すると新鮮な酸素や栄養素が下肢の組織・皮膚にいきわたりにくくなり皮膚に湿疹、潰瘍といった症状がでてきてしまいます。そしてそもそも下肢静脈瘤で血液循環が悪いのでなかなか治らないといった悪循環になります。

 治療は?

下肢潰瘍の7~8割は静脈性と言われています。

下肢静脈瘤が原因で起きてきている皮膚炎に関しましては血液の流れを良くしてあげることが重要になってきますので、医療用弾性ストッキングによる圧迫と原因疾患の下肢静脈瘤の加療になります。

「ずーっと皮膚科で薬をもらって塗っているけど下肢の湿疹が治らないのよね」という方、下肢静脈瘤が隠れているかもしれません。

一度、お近くの下肢静脈瘤を専門として診察をしているところにご相談されてみてはいかがでしょうか?

当クリニックでは埼玉県川口市の方々はもちろん、遠方からもお越しいただいております。

お気軽にご相談下さい。

下肢静脈瘤に関する診療・手術・ご相談は下記よりお願い致します

月–土
9:00 〜 12:00  / 13:00 〜 17:00
休診日
水曜日、日曜日、祝日

この記事を書いた人

院長 橋本 千尋

さいたま静脈瘤クリニック
院長 橋本 千尋

資格・所属

認定内科医
循環器内科専門医
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医

Instagram

当院は予約優先となっております。

ご予約いただきご来院いただくと
待ち時間も少なくご案内ができます。

WEB時間帯予約 お電話でのお問い合わせはこちら048-229-5056
受付時間
9:00〜
 12:00
13:00〜
 17:00

手術のない時間に午後も診察しております

月–土
9:00 〜 12:00 / 13:00 〜 17:00
休診日
水曜日、日曜日、祝日
  • 予めのWEB・電話予約をお勧めいたします。
  • 初診の方は、保険証とお薬手帳をご持参ください。
  • 臨時休診・時間変更の場合もございます。毎月の「診療予定」でご確認いただきますようお願い申し上げます。
  • クレジットカード・QRコード決済等対応

詳しくはこちらから

当院へのアクセス Access

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3丁目8-18 凮月栄町ビル2階

公共交通機関
川口駅から徒歩2分
外観
駐車場案内
車でお越しの際は川口駅東口地下公共駐車場をご利用ください。 地下の駐車場となりますので、お間違えの無い様にお越しください。
川口駅東口地下公共駐車場
〒332-0015 埼玉県川口市川口1‐1‐1
駐車場案内