©SAITAMA VARIX CLINIC All rights Reserved
ニュース&ブログ ニュース&ブログ NEWS & BLOG
投稿日: DOCTOR BLOG

【足の血管が浮き出る理由は?予防方法や治療方法を解説】

血管が浮き出ているのはどんな病気?

足の血管が浮き出るのは下肢静脈瘤の可能性もありますが、正常血管でも血管が浮き出てくることがあります。

 正常の場合

加齢とともに皮膚が薄くなり、皮膚の張りが落ちてくる、皮下の脂肪組織が少なかったりすると、病気でなくても血管が浮き出てきます。

病的な場合

病的な物としては、下肢静脈瘤の可能性が考えられます。

下肢の静脈内の逆流防止弁が壊れると、血管内に血液が貯留し、血管が拡張、下肢の血管が浮き出てきます。

血液の逆流があるかないかは下肢エコーにて下肢静脈の流れを調べなければわかりません。

ご心配な方は下肢静脈瘤を専門としているクリニックや病院に相談してみましょう。

予防方法や治療法

正常の血管が浮き出てしまうことに対する予防方法や治療方法は残念ながらありません。

ただ下肢エコーにて下肢の血液の流れが問題なければ、異常血管ではないので心配ありません。

下肢静脈瘤は遺伝的な要因や生活習慣も関係してくるので一概に「何をすれば確実に予防できる」とは言い切れないのですが・・・

  • 下肢を良く動かして血液の流れを良くする。
  • 太りすぎない
  • 立ちっぱなしや座りっぱなしを避ける。(お仕事柄どうしても立ちっぱなし、座りっぱなしの方は弾性ストッキングを着用したり、時々かかとの上げ下げなどふくらはぎを意識して動かす)

等で下肢に負担がかかるのを避けていくと良いでしょう。

下肢静脈瘤の治療

治療方法は下肢静脈瘤のタイプによっても異なってくるのですが、

医療用弾性ストッキング着用・硬化療法・血管内カテーテル治療があります。

治療について詳しくお知りになりたい方は以下ページをご覧ください。

下肢静脈瘤に関する診療・手術・ご相談は下記よりお願い致します

月–土
9:00 〜 12:00  / 13:00 〜 17:00
休診日
水曜日、日曜日、祝日

この記事を書いた人

院長 橋本 千尋

さいたま静脈瘤クリニック
院長 橋本 千尋

資格・所属

認定内科医
循環器内科専門医
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医

Instagram

当院は予約優先となっております。

ご予約いただきご来院いただくと
待ち時間も少なくご案内ができます。

WEB時間帯予約 お電話でのお問い合わせはこちら048-229-5056
受付時間
9:00〜
 12:00
13:00〜
 17:00

手術のない時間に午後も診察しております

月–土
9:00 〜 12:00 / 13:00 〜 17:00
休診日
水曜日、日曜日、祝日
  • 予めのWEB・電話予約をお勧めいたします。
  • 初診の方は、保険証とお薬手帳をご持参ください。
  • 臨時休診・時間変更の場合もございます。毎月の「診療予定」でご確認いただきますようお願い申し上げます。
  • クレジットカード・QRコード決済等対応

詳しくはこちらから

当院へのアクセス Access

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3丁目8-18 凮月栄町ビル2階

公共交通機関
川口駅から徒歩2分
外観
駐車場案内
車でお越しの際は川口駅東口地下公共駐車場をご利用ください。 地下の駐車場となりますので、お間違えの無い様にお越しください。
川口駅東口地下公共駐車場
〒332-0015 埼玉県川口市川口1‐1‐1
駐車場案内